長時間利用者必見!カフェよりコワーキングスペースが勝る4つの理由 | akeruto_ はたらく未来のカギになる

Akeruto はたらく未来のカギになる

PLACE

長時間利用者必見!カフェよりコワーキングスペースが勝る4つの理由

2019.10.31

あなたは家や会社以外で作業をするとき、どこに行こうと思いますか。
最近では、カフェでPCを開いて作業している人をよく見ますよね。
ちょっとした作業をしようとする時、ぱっと思い浮かぶのはカフェだと思います。
しかし、カフェよりも作業をしやすい環境が整備された「コワーキングスペース」という場所があることをご存知でしょうか。

今回は、カフェで作業をするときの欠点、およびカフェの欠点を補ってくれるコワーキングスペースの魅力についてご紹介します。

カフェには作業ができる環境が一応整っているが・・・

カフェよりコワーキングスペースが勝る4つの理由を解説します
最近では、カフェでPCを開いて作業している人をよく見かけます。
実は、フルタイムで働いている人がカフェで作業をしている、というケースは少なくありません。
なぜわざわざ作業場としてカフェを選ぶのでしょうか。
最近のカフェは、電源が使えるところ、また無料Wi-Fiが使えるところが増えてきており、ちょっとした時間にPCやスマホを充電しながら、Wi-Fiも利用して作業することが可能だからです。

一方、カフェでは不便に感じる点があるのも事実です。まずは、カフェ作業がどのような点で不便なのかを見ていきましょう。

カフェで作業する上での4つの欠点

カフェで作業をする場合、「ネット環境」「音」「利用時間」「電話」の点でどうしても不便になってしまいます。下記で詳しく解説します。

①:ネット環境が完全ではない

先述した通り、カフェには電源や無料Wi-Fi完備のところもあります。
しかし、電源は各席にあるわけではなく、使いたいときに必ず使えるわけではありません。
電源のある席を奪い合うなんてこともしばしばありますよね。
また、無料のWi-Fiは、混雑時には接続が悪かったり、途切れたりすることもあります。
滞在時間が長くなると、何度もログインしなければいけないこともあり不便です。

②:騒音が気になる

都心のカフェはスペースが狭く、混雑時には椅子や荷物を譲り合って何とか座ることもあると思います。
そのため、席ごとの間隔があまりなく、隣の人の会話が聞こえてしまったり、学生の利用が多い時間帯は騒がしいこともあります。
したがって、集中して作業したいときにカフェを使うことはおすすめできません。

③:長時間いることは難しい

コーヒー1杯でカフェに入り、長時間居座ることはできないことではありませんが、混雑時には「2時間制限」など利用時間が限られることもあります。
また、長時間いると店員の目が気になってくることもありますよね。作業に集中したいときに人目や時間を気にしなければないのは不便と言えるでしょう。

④電話が使えない

作業をする中で電話を使うことはしばしばあります。
顧客とのやり取りや緊急性がある作業で電話を使いたいとき、カフェというオープンな場所ではすぐに対応することができませんし、使えたとしても周りの音が邪魔で、電話がはかどらない可能性もあります。

カフェよりコワーキングスペースのほうが作業がはかどる4つの理由

上記のような、カフェで作業をする欠点を補ってくれるのがコワーキングスペースです。
ここではコワーキングスペースの魅力を4つ紹介します。

①:インフラ環境が整っている

コワーキングスペースでは、基本的に複数の強力なWi-Fiを使うことができます。
1つのWi-Fi接続が悪くなったら別のWi-Fiに繋げればいいのです。
また、コワーキングスペースでは各席に電源があるので、取り合いになることもありません。
その他にも周辺機器を貸し出してくれるサービスもあり便利です。

②利用目的に合う場所を用意してくれる

コワーキングスペースには種類があり、作業する人専用スペース、会議用スペースなど利用目的に応じて場所を変えることができ、電話をする際も専用スペースを使えば周りを気にすることはありません。
また、コワーキングスペースを利用する人は作業や勉強目的で来店する人がほとんどであるため静かな環境で過ごすことができます。

③長時間利用することで場所代が格安になる

コワーキングスペースは月額制のイメージがありますが、ドロップインという都度利用の形態もあり、1日1000円から1500円で利用することができます。
ドロップインという利用形態をとって、8時間利用した場合は1時間当たり200円足らずで利用することができます。
さらに、コワーキングスペースにはフリードリンクがあることもあり、カフェで2杯コーヒーを頼むよりも安く済ませることもできます。

④:人脈が広がる

コワーキングスペースには起業家の利用者たちがコミュニケーションをとることができる場があります。
コワーキングの運営側がイベントを開いてくれることもあり、作業上の仲間を増やすことも可能です。
スタートアップ企業の中には新しいコミュニティを築くためにコワーキングを利用している人もいます。

コワーキングスペースを活用して有意義に作業をしよう

作業をする場としてカフェを選択することは、集中して作業したい人や長時間利用したい人にはおすすめできません。
インフラ環境が整っていて、なおかつ人脈を広げることができるコワーキングスペースは、作業をする人にとって魅力的です。
あなたも作業場所を決める際にはコワーキングスペースを選択肢の1つに入れてみてはいかかでしょうか。

関連記事