いよいよクリニック開業!トラブル防止のために着目すべき3つの対策 | akeruto_ はたらく未来のカギになる

Akeruto はたらく未来のカギになる

MANAGEMENT

いよいよクリニック開業!トラブル防止のために着目すべき3つの対策

2019.10.10

いよいよ待ちに待ったクリニック開業。心待ちにしていた日を迎えて、胸がいっぱいになりますよね。
しかし開業時には、予想もしていなかったトラブルが起きがちです。開業時のトラブルは、その後の患者さんからの信用に大きく関わります。

そこで今回は、クリニックの開業時にありがちなトラブルとその対策についてご紹介します。
どんなトラブルがあるのか事前にしっかり確認して、トラブルを防止しましょう。

クリニック開業時にありがちな3つのトラブル具体例

準備万端で迎えたはずのクリニック開業で、どんなトラブルが多いのでしょうか。
ここでは、クリニック開業時にありがちなトラブルの具体例をご紹介します。

①:人手不足

クリニックの開業時は、思っていたよりもバタバタしがち。経営者も、スタッフも慣れていないので、予測できなかった作業が発生します。
「これくらいで回せるはず」と思っていたスタッフの人数が足りないというのはよくあるトラブルです。
特に看護師は、今はどこでも人手不足。どれだけ人材を確保できるかは、クリニック経営においてとても大切です。
スタッフはクリニックの雰囲気を決定づける大切な要素なので、誰でも良いというわけにはいきません。
人材募集サイトや求人誌などを活用して募集をかけ、必要な人材をしっかり確保しておく必要があります。

②:患者が来ない

クリニックを開業したは良いものの、患者さんが一人も来ないということもあります。
開業したてだと、知名度が低く患者さんとの信頼関係も出来上がっていないため、患者さんを集めるのは難しいです。
とは言え、この状況が長く続くと経営は厳しくなる一方。「いかに患者さんを集めるか」がクリニック経営の成功における重要な要素となります。

③:個人情報の流出

クリニック経営で恐ろしいトラブルのひとつが、個人情報の流出。クリニックを経営する上ではたくさんの患者さんの個人情報を扱うことになります。
個人情報が流出すると、患者さんをトラブルに巻き込むリスクに晒し、信頼を失います。患者さんからの信頼が必要不可欠なクリニック経営において、一度失った信頼を取り戻すのは至難の業です。
個人情報流出がきっかけで、閉業に追い込まれてしまうこともあるでしょう。
個人情報の流出は、絶対に防がなくてはならないトラブルです。

クリニック開業の3つのトラブル対策法

クリニック開業時のトラブルを防ぐ3つの対策をご紹介します。
ここまで、クリニック開業時にありがちなトラブルをご紹介してきました。開業時のトラブルを防止するためには、事前にしっかり対策しておくことが必要です。ここではトラブル対策法についてご紹介します。

①:作業を効率化して解消

スタッフの人手不足防止のためには、まず人手を確保することが必要不可欠。とは言え、開業間もないクリニックでスタッフを集めすぎるのは現実的ではないですよね。開業前だと、人員募集に効果的なハローワークも使うことができません。

そこで意識して欲しいのが「作業の効率化」です。
少ないスタッフでもスムーズに診察できるよう、作業を効率化していきましょう。電子カルテや問診票アプリなど、作業を効率化するためのサービスはどんどん増えてきていますので、アンテナを張っておくこと、実際に使用してみることが大切です。

例えば電子カルテの「エムスリーデジカル」を活用すれば、カルテをクラウド化して楽に管理することができます。問診票アプリの「BEAR-D iPad問診票アプリ」では、診察までにかかる時間を短縮して回転率を上げられます。
これらは医療ICT(Information and Communication Technology=情報通信技術)と呼ばれ、現在普及が進んでいます。

②:地域の人に知ってもらう

患者さんが集まらない原因として最も考えられるのは、「知名度がないこと」です。
開業したてのクリニックは、地域の人に知ってもらう機会があまりありません。何か身体に異常を感じたときに、選択肢として頭に浮かぶことがないので、患者さんが集まりません。

そこで、開業前から地域の人に知ってもらう機会を増やしていきましょう。
地域の集まりには積極的に参加し、顔とクリニックの名前を覚えてもらいます。地域の人と知り合いになれば、「あの人のところで診てもらおうかな」と選択肢のひとつとして考えてもらえます。
プレオープンを行ってどんなクリニックなのか雰囲気を知ってもらうのも有効です。
また、看板を見てどんなクリニックか調べる層もいるため、ホームページは早めに用意しておきましょう。
クリニックの魅力を伝えるためには、専門用語はなるべく使わず、患者さん目線で分かりやすくすることが大切です。

③:セキュリティ対策を万全に

個人情報の流出を防ぐために、セキュリティ対策には力を入れましょう。
セキュリティに強い回線を使ったり、ウィルス対策ソフトを導入したり、PC上のセキュリティを万全にしておくことはとても重要です。

しかし、それだけでは不十分です。
個人情報の漏洩は、PCのネットワークからだけでなく人の手によって起きてしまうこともあります。
スタッフ以外の人が侵入して、個人情報が漏洩してしまう可能性もあります。そんなリスクを減らすために、入退室管理システムを導入しておくのがおすすめです。
例えば、「Akerun入退室管理システム」はドアのサムターンに取り付けるだけで簡単に特定のエリアの入退室を管理することができます。物理鍵を使わず、権限を付与したスタッフのスマホやICカードで施錠・解錠ができるようになり、個人情報に近づける人を限定することができます。

トラブルを防いでクリニック開業を成功させよう

今回は、クリニック開業時にありがちなトラブルとその対策をご紹介しました。
クリニックの開業時は、予想もしていなかったトラブルが起きてしまいがちですが、事前にしっかり対策しておくことで、そのリスクを減らせます。
患者さんからの信頼を獲得して、「地域のクリニック」として浸透していくためにも、対策を万全にしておきましょう。

関連記事