裁量労働制のメリット・デメリットや導入成功のポイントとは? | akeruto_ はたらく未来のカギになる

Akeruto はたらく未来のカギになる

MANAGEMENT

この記事では、裁量労働制のメリットとデメリット、また企業の成功・失敗事例を紹介します。

裁量労働制の導入成功のポイントは、ずばり「労務管理」です。記事の最後に労務管理を上手におこなうためのITツールも紹介していますのでご参照ください。

裁量労働制とは?(おさらい)

裁量労働制のメリットやデメリットを解説
裁量労働制とは、実際の労働時間によらず業務内容や成果に応じてあらかじめ定められた賃金が支払われる制度です。
「専門業務型裁量労働制」と「企画型裁量労働制」の2つがありますが、詳しくはこちらの記事で解説しています。

企業における裁量労働制のメリットとは?

企業側の目線での裁量労働制のメリットは次の通りです。

残業代を削減できる

裁量労働制では、あらかじめ「みなし労働時間」として設定するため、この設定時間が1日8時間以内であれば残業代は発生しません。適切な時間を設定すれば、残業代を削減することが可能になります。

人件費の予測がしやすい

裁量労働制では、みなし労働時間に応じて規定通りに賃金を支払うため、必要な人件費を正確に予測しやすくなります。そのため、予算計画を事前にたてやすくなるという点がメリットになります。

企業における裁量労働制のデメリットとは?

裁量労働制には、残念ながらデメリットも存在します。企業側のデメリットは以下の通りです。

導入手続きが煩雑

1つ目のデメリットは「導入手続きが非常に煩雑」であることでしょう。
例えば、専門業務型裁量労働制であれば、「労使協定の締結」や「就業規則の変更」などが必要となってきます。
さらに、企画業務型裁量労働制であれば、「労使委員会」を設置する必要があります。

このように、裁量労働制の導入手続きは、少なくとも簡単ではないということを覚悟しておきましょう。
手続きの詳細についてはこちらの記事で解説しています。

労務管理が大変

最も大きなデメリットは労務管理が大変になることです。
管理体制がしっかりしないと、遅刻が常態化してしまったり、最低限の成果をだして仕事をしないという社員もでてくるでしょう。逆に、長時間労働が当たり前になってしまうことで健康を害する社員が出てきてしまうことも問題です。
そのようなことがないように、労務管理を徹底する必要があります。

社員側の裁量労働制のメリットとは?

ここからは、社員目線でのメリットをご紹介します。

拘束時間を短縮できる

裁量労働制では労働時間によらず固定の賃金が約束されているため、成果さえ出すことができれば、拘束時間を短縮することが可能です。
仕事に自信がある社員にとっては無駄な労働時間を削減することができ、効率的に賃金を得ることができるため、大きなメリットになるでしょう。

好きな時間に働く事ができる

裁量労働制では、労働時間の制約も基本的にはありません。そのため、自分の働きたいタイミングで自由に仕事をすることができます。
家族との時間を大事にするために朝早くから働いて夕方はすぐに帰宅することも可能です。これは、家事・子育て・介護が必要な女性などにとっても魅力的でしょう。

社員側の裁量労働制のデメリットとは?

長時間労働の可能性がある

裁量労働制では、労働時間の定めがありません。
基準はありますが、それより短くても長く働いても自分次第になります。また基準より労働時間が長くても短くても基本的には賃金は変わりません。

効率が良く仕事ができれば、想定よりも早く結果を出して仕事を終えることができますが、そうとも限らず、残業ばかりが増えてしまう人がいる事実もあります。
効率的に仕事を進められないと、長時間労働が常態化してしまう可能性を孕んでいるのも裁量労働制なのです。

自己管理能力が求められる

裁量労働制では、勤務時間を労働者側が決めることができます。基本的には出社時間や退社時間を自由に決めることができます。
これは一見メリットようにも見えるのですが、一方で高い自己管理能力が求められます。
裁量労働制の場合、成果に応じて賞与が発生するケースも多いのですが、しっかりと自己管理を行い成果を出せないと、逆に給与が下がってしまったり、会社からの評価を下げてしまう可能性もあります。
自己管理が苦手な社員にとっては、自由な時間で働いても良いという点がデメリットになってしまう場合もあるようです。

裁量労働制の成功事例と失敗事例

これまでは、一般論として裁量労働制のメリット・デメリットをお伝えしました。
ここからは、具体的な例として、裁量労働制を導入した企業のリアルな成功事例と失敗事例について見ていきましょう。

【失敗事例】コロプラは社員の長時間労働を抑制するために裁量労働制を撤廃

コロプラはゲームクリエイターなどを中心に裁量労働制を導入している企業として有名でした。しかし、社員の中には、ゲームの品質を求めるがあまり、残業や長時間労働を前提にした働き方をするクリエイターも少なくなくなかったようです。
そこでコロプラは長時間労働を是正するために2018年に裁量労働制を撤廃しました。
さらに22時以降の残業が原則禁止として、作業の外注化をするなどにより社員の労働時間短縮に努めています。
社員が働きすぎてしまい裁量労働制を撤廃するとは、クリエイターが8割以上もいるコロプラらしい事例ですね。

【成功事例】コニカミノルタでは裁量労働制導入により企業注目度がアップ

裁量労働制の代表的な成功事例は、「企画型裁量労働制」を導入しているコニカミノルタです。
コニカミノルタでは「イノベーションコース」と呼ばれる、裁量労働制を、社員が選べるようになっています。社員の2/3が選択を希望する人気のコースとなっており、多くの企業が注目する成功事例となっています。
コニカミノルタが裁量労働制を成功させていてる秘訣は積極的な「ITツールの導入」にあり、社員の現状の労務状況を可視化することで長時間労働が起きないような環境づくりに力を入れています。

裁量労働制導入のポイントと実現のために有効なツール

コニカミノルタの成功事例を参考に、「ITツール」を上手に活用して労務管理を徹底することが裁量労働制の導入を成功させる肝と言えるでしょう。
そこで最後に、労務管理におすすめのツールを3つ紹介します。

①日報の共有ツール

昨今、タブレットやスマートフォンから簡単に日報を共有することが出来るアプリなどが増えてきています。自分自身の日報だけでなく社内メンバーの日報も共有され、また日報を通じてコミュニケーションを取ることも可能です。
例えば、日報共有SNS「gamba(ガンバ)」などがおすすめです。日々の業務の生産性を楽しく管理することができると人気のツールです。

②労務管理ツール

個人の仕事の実績や労務状況の管理をアナログでおこなうことはおすすめできません。裁量労働制を導入すると、労務管理が煩雑になるため、システムやツールの導入は必須と言えます。
労務管理ツールは非常に沢山の種類のものが存在しますので、使い勝手の良いものを選ぶのが良いでしょう。
例えば、人材管理ツール「カオナビ」などがおすすめです。カオナビは、顔写真付きの労務管理ツールで、個人の長所や仕事の実績など、様々な情報を集約することができます。
また、組織図や人材配置も「ドラッグ&ドロップ」で移動できたりと、直感的に操作ができるのも特徴的です。

③入退室管理システム

労働裁量制を取り入れると、オフィスの入退室の管理が煩雑になってしまいますよね。いつ出社しても良いとなると遅刻が常態化するケースもあります。そのようなことがないように、社員がいつ出社したのか、どれくらい働いているのかなどの管理は徹底したいところです。

その場合は「Akerun入退室管理システム」を利用するという方法があります。
スマートフォンや登録されたICカードで入退室をおこなう仕様になっているため、社員の入退室履歴がログとして蓄積され、労働時間の管理が容易になります。さらに物理鍵が必要ないため、鍵の紛失や盗難の心配がなく、承認されたユーザー以外は鍵を開けられないため不審者の侵入なども防ぐことができます。

裁量労働制を正しく導入して、企業も社員も生き生きと働ける土台をつくろう

裁量労働制は、社員の労務管理がきちんと出来る体制さえあれば企業にとっても、社員にとってもWin-Winの制度といえます。働き方改革の機運が高まっている今こそ、導入を進めてみてはいかがでしょうか?

関連記事